コールセンターの募集の見方あります

subpage1

コールセンターの募集には知らないとよく分からないことが書いてあります。

受信のみ、発信のみ、受信少なめ、要資格者などです。

livedoorニュースについて詳しく知りたいならこちらです。

コールセンターに電話したことがある方なら分かると思いますが、混雑しているガイダンスが流れていることが多いです。

特徴のある電話代行について詳しく説明しています。

パソコンを前にしてヘッドセットを付けてキーボード入力をしながら業務を行うのですが、最初に電話に出る人を1次対応者といいます。



1次対応者で答えられないまたは回答に時間を要する案件を扱うのが2次対応者であり、2次対応者で扱えない案件をスーパーバイザー(SV)という管理者が担当します。このため、コールセンターの募集を見る際にはどの対応者の募集かを把握する必要があります。受信を選ぶか発信を選ぶかについては性格にもよりますが、受信についてはクレーム対応が含まれることが多いので、時給がやや高めの受信については応募時に慎重に検討してください。


この点は、研修期間の長さで分かります。

単なる事務的な内容であれば研修は2日程度で終わりますが、2〜3週間以上にわたるカリキュラム化された座学研修やOJT研修が組まれている場合には、クレーム対応が含まれる募集か扱う商品が専門性が高いものになります。

発信については電話の掛け方のみですから、短期間の研修で済みますが提案して断られるという繰り返しのため好みが分かれます。


保険を扱う場合には要資格者という表記がありますが、1ヶ月で研修後に資格取得出来れば問題ありません。

知識を増やす

subpage2

コールセンターの仕事は、一日中電話をして顔も分からない人に対して商品の販売をしたり話を聴いたりする仕事です。ひたすら話さないといけない為に、話術が必要とされます。...

more

電話代行の情報まとめ!

subpage3

実は、全国規模で見るとコールセンターの募集情報がたくさん出ています。人と話すのが大好きだと言う人にとっては最高の選択肢の1つといっても過言では無いので、興味がある人はぜひともやってみるようにしましょう。...

more

最新考察

subpage4

現在、主に地方都市では、コールセンターの人材募集を多く見かけます。数年前までは、東日本大震災の影響からか、岩手県等の三陸海岸での復興作業員の案内が目立ち、多くの若者が流れました。...

more

驚く情報

subpage5

コールセンターで働くオペレーターの募集内容を見てみると、業務は主に、ニ種類あることが分かります。電話受信が中心のインバウンドと、発信業務が主体となるアウトバウンドです。...

more