募集はいろいろなコールセンターの魅力

subpage1

コールセンターで働くオペレーターの募集内容を見てみると、業務は主に、ニ種類あることが分かります。


電話受信が中心のインバウンドと、発信業務が主体となるアウトバウンドです。


インバウンドには、例えば、宅配便の再配達受付、通販会社の受注、修理の受付、キャンペーン事務局の問い合わせ窓口、などがあります。

今話題のマイナビニュースがどんなものかご存知ですか。

基本的に、顧客からの電話待ちですので、仕事量は、顧客の動向次第ということになり、コントロールできません。

ただ、考えようによっては、電話がかかってこない状況では、楽ができるとも言えます。



マニュアルは用意されていますが、想定していない内容の電話がかかってくるケースも多く、経験値の高さや、臨機応変に対応する柔軟さが求められます。
一方、アウトバウンドは、健康食品の試供品アンケート、選挙前の世論調査、未納料金の督促、お中元案内、などがあります。


こちらは、スクリプト通りに、ほぼ一方的に話すだけでよいため、コールセンター初心者向きの募集と言えます。
発信数にノルマがない業種もありますが、営業電話の場合は、ノルマが課せられるケースがあり、確認が必要です。


顧客と直接対面する仕事ではないため、カジュアルな服装でOKの職場がほとんどです。


声だけを使っての仕事ということから、オペレーター募集の年齢は、幅広く、また、短時間や短期間の仕事も多くあるので、自分の都合に合わせたシフトを組みやすいのが、コールセンターの良いところです。



メインの仕事や勉強の合間に、シフトに入るということも可能で、補助的なアルバイトとしても魅力があります。