コールセンターでの人材募集について

subpage1

現在、主に地方都市では、コールセンターの人材募集を多く見かけます。
数年前までは、東日本大震災の影響からか、岩手県等の三陸海岸での復興作業員の案内が目立ち、多くの若者が流れました。



そして、現在では東京オリンピックに合わせた建設作業員が不足しているとのことで、首都圏にも多くの労働者が流れています。
また、地方では、こういった首都圏に流れる人材とは別に、地元に残る方も多いといった事実があります。これは地元を離れたくないとの気持ちに加え、何とか生活を成り立たせようとの強い愛着心の賜物と言えるでしょう。



こういった方々を採用することを考慮してなのか、地方にはコールセンターの進出が目立ち、その募集も多いといった事実があります。
製造業の誘致になかなか上手くいかない地方自治体は、こういったテレマーケティング企業を誘致し、一時的にしろ、雇用を確保しようとの動きが見られます。
確かに、こういったコールセンターは多くの人を募集し、雇用することから、当該地方都市の特に中心商店街は一時的にせよ、活況を取り戻す事例が多いものです。しかしながら、こういったコールセンターに応募し、採用されて仕事をしてみたは良いが、初めから正社員に慣れる訳ではなく、数百人採用された中から、数人が当該地域を取り纏める正社員として登用されるといった事例が多いのも事実です。
多くは臨時雇用であり、それがために収入は少なく、地域活性化にはなりにくいとも言われます。


ですが、仕事が無いならば、一時的にせよ人材募集がかかっていたなならば、応募することも悪くはないかも知れません。

もしかしたら、正社員に登用されることもあるかも知れないことは念頭に入れておくべきでしょう。

ガジェット通信に関する予備知識の情報が満載です。